リフォームとなら結婚してもいい
ホーム > 社会保険 > 雇用保険って何?

雇用保険って何?

雇用保険とは、失業保険とも呼ばれ、民間の会社で働く人が、何らかの理由で働けなくなり失業状態となった場合に、再就職するまでの一定期間、一定額のお金を受け取ることができる保険のことをいいます。

労働保険の一種で、この雇用保険と労災保険をあわせたものが労働保険となります。

雇用保険に加入するには、雇用保険が適用されている会社(雇用保険適用事業所)で働く必要があります。

さらに、失業した時に失業手当を貰うためには、一定期間雇用保険に加入していた(雇用保険料を支払っていた)実績がなくてはなりません。

雇用保険料の金額は、給料の15/1000前後の上、会社とおおよそ半分ずつ(会社の方が多い)負担しますので、個人の負担分は毎月数百円~二千円程度と少なめです。

 

 

社会保険の新規加入手続きの代行はこちらのサイトへ!

 

 

 

失業した時にもらえるお金の金額や、もらえる期間は、働いていた時の給料金額、働いていた期間、失業した理由、といった様々な要因で変わります。

基本的には、働いていた時の給料が高いほど失業手当の金額も高くなり、働いていた期間が長いほど失業手当をもらえる期間も長くなるようです。